BLOG1377

身につけたいこと、考えたいことをまとめるためにブログを活用することにしました。

雨の日の 緩んだ歩道のタイル踏み 雨水撥ねて 冷ゆる足元

57577でタイトルつけてみました。

そのまんまです。

 

職場から駅までの歩道はタイル舗装されています。

ただ、経年劣化というか、なんというか、あちこちタイルが浮いてたり、取れたところをアスファルトで埋めてあったりします。

職場はいわゆる新都心で、再開発された土地です。

再開発の時に、きれいな感じで作ったんでしょうけど、どれくらいでどの程度悪くなって、補修できるのはどれくらいなのか、ってことを鑑みて都市計画してるはずですよね?と思わずにはいられません。

行政は県でも市でも、構造的に色々と問題を抱えていると思うのですが、多忙すぎて一般的な生活目線を持てないというのが1番の問題ですよね…まぁ部署によるらしいですけど。

 

公園や、小学校の遊具、学校周辺の環境整備も大切な課題だと思うんですけどね…。

 

とりあえず、雨降った後に歩いてて、浮いてるのに気付かずに踏んだタイルの下に溜まった水が足にはねて濡れたよ、という日記でした。

 

行政に上手に声を届ける方法はないのかなぁ。