読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLOG1377

とりあえず土日祝以外は毎日書く、が2017年の目標なので、なんでも書きます。

【10/365】自分で決めるということは、責任を負うということ

当たり前のことですが。
「自分で決めるということは、責任を負うこと」だなぁ、としみじみ思い直しています。

誰それがこう言ったから
あの人がこの方がいいって言ったから
みんなやってるから自分もやらなきゃと思って

こんな風に物事を決めると、自分で決めてるんだけど、自分の心に従って決断しているわけではないので、思ったような(言われたような)結果を得られなかった時に、上記と同じ言葉で言い訳をします。

誰それがこう言ったからやっただけだ。
あの人がこの方がいいって言ったからやったのにうまくいかなかった。
みんなやってるから自分もやらなきゃいけないと思って、でもやらなきゃよかった。

だいたい、「誰それ」さんや「あの人」、「みんな」に責任転嫁する言葉に変わってしまいます。
口に出してる本人からしたら、それ以外の何物でもないので、何にも疑問を抱かないことが多いです。
でもこれ、私はちょっとカッコ悪いなと思っています。
もちろん、私も他人に責任転嫁してしまうことは多々あり、その度に自分自身で恥ずかしくなっているのですが、意識して、自覚的に決断していきたいと思ってすごしています。

あとは、気をつけたいのが行動の動機が誰かのため、ってとき。

自分の心が求めるものと、相手が求めている(とこちらが感じるもの)が違うとき、相手が喜ぶなら、と深く考えずに自分の心を押さえつけてしまうのは要注意だと思います。

共依存につながったり、自分を抑えつけて知らずに相手を助長したりすることがあります。
自分にとっても相手にとってもよくない環境を作り上げかねない心構えじゃないかなーと思っています。

とはいえ、私自身が恋人や夫婦としての人間関係づくりが下手くそで、現状うまくいっていないので「やらん方がいいな」とは思いつつ、「じゃあどうしたらいいのか」という結論を得ていないのですが…。
参考にならないですね^^;

でも私は自分で決めて夫と別居し、自分で決めて生活していける今がとても楽です。
ドロドロモヤモヤした気持ちが出てこないだけで、人生ってこんなに生きやすいんだなと感動する半年間でした。

うん、自分で自分のことを決めて生きていくために、どう人と絆を作り上げていくか、課題にしていきたいです。