BLOG1377

身につけたいこと、考えたいことをまとめるためにブログを活用することにしました。

趣味の時間確保とか、好きなことを絞り込む時間を作るとか、その前に家の中の仕事=家仕事をしっかりできるようになるのが先だ、と気付いた話。

久しぶりのブログ更新です。

このブログを始めたのは、「自分の時間が持てなくてもいいと思える、むしろ仕事が自分の時間!」というくらい好きなことって何だろうか、そもそもそんなのあるのか、ってことを見つけていこうと思ったから。
そのため、アンテナを自分の好きなこととか、1日の時間の過ごし方とか、その辺に絞った(つもり)で記事を書いてきました。
と言っても、高々数件の記事ですが…。

で、実態はどうなのか、と考えてみると。
2歳の息子がいるパートタイマー主婦なので、どうしても家事や子どもの相手に生活のほとんどの時間を持っていかれます。
子どもの相手は、彼が朝起きて保育園へ連れていくまでの1時間半と、お迎えして寝かしつけるまでの2時間半から長くて5時間の間しかないので、その間はできるだけ息子と関わりたいところ。
ですが、正直な所、その息子と過ごす時間には、登園させるための支度や、食事の準備、食事をさせたり洗い物をしたり、とほぼ家事の時間でもあります。
料理中にまだうまく喋れない息子が寄ってきて話をしてきてもちゃんと相手ができません。
本当なら、彼の目線に腰をおろし、目を見て話を聞いてあげたい。
でも、食材を切ったり洗ったり、火を使ったりしなくちゃならない。
その様子を見て、切った食材や包丁を載せたまな板、ガスコンロに手を伸ばされると最悪の事態を予想して、つい声を荒らげてしまいます。

元々、家事の得意なタイプではないyakumo。
バイトから帰ってきて、息子を迎えに行くまでの間に時間を確保するためにも、家事の手際をよくしなくては、と常々考えていました。
そして、薄々感じていたのですが、私は料理の段取りが悪い。
1食用意するのに1時間半はかかるのです。なんてこった。
それも、作りなれない料理を作るからこそ。
というのも、夫と息子は男舌というか、肉系の食べ物がだいすき。
私は実家が野菜中心の薄味料理だったので、普通に作るとどうしても彼らの箸が止まりがちな料理を作ってしまいます。
二人にしっかり食事をしてもらうには、クックパッドや料理本を駆使しておいしそうなものを作るしかない!

でもこの2年間、あまりうまくいきませんでした。
出した料理を夫と子どもが完食してくれる日は、それぞれ5日に1回あるかないか。
二人ともが完食してくれる日なんて頻度を数えたら心が折れるレベルです。
そして相変わらず食事の支度に時間がかかる。
食材を買ってきたら切ったりゆでたりし下ごしらえを済ませておく、というのも、それに時間を取られて結局時短につながったという実感はありませんでした。
たぶん下ごしらえの問題じゃないんだろう、とおもいつつ、何をどうして良いやら…。

しかし、10月に入ってから、子どものお弁当レシピ本のみを参考にすることにしました。
お弁当レシピなので、15分から30分くらいで完成するよう作られています。
そして子ども向けなので、誰が食べてもおいしく食べられるメニューばかり。
私でも、ちゃんと30分前後でつくれます。
そして夫も子どももおいしいと食べてくれる…!しあわせ!!

おかげで、料理の準備にとられていた時間を、自分の時間として捻出できるようになってきました。
ずっと気になっていたクローゼットの整理とか、息子スペースの確保とか。
…まだまだ自分のためだけの時間としては使えてませんが。

ここまででわかったことは、「自分が思い描いている家」に近付けることが、今の私にとって最重要課題である、ということでした。
具体的には、
  • 家族がしっかり食べてくれるような料理を作ること。
  • 掃除や洗濯を生活が滞らない程度にこなすこと。
  • 家の中をより過ごしやすい環境へと作り変えること(家具の配置やしまいやすく取り出しやすい収納など)

これらが出来て、やっと私の中でストレスなくほかの物事に向き合えるラインに立てるようです。
今は、趣味の時間を捻出しても、家の中のアレコレが気になって中々集中できません。
だからこそ、不得手な料理をはじめ、家仕事をしっかりこなせるようになることを目標に掲げることにしました。話はそこからだ!

そんなわけで、今日はバイトが休みなので、手始めに収納の見直しをしたいと思います(`・ω・´)