BLOG1377

自分の内側を向いた視点の文章をまとめたり追加したりしています。

しぼんでしまったワクワクした気持ち

昼休みに、このブログや、他のブログ、他のプラットフォームで書いてる文章などを今後どういう方向に持っていくかを考えた。

今まで何度も考えて、こうしようと思って着手しては頓挫してきたことだ。

 

今回は何となくうまくいきそうな気がして、この方向性でいこう、よーしやるぞ、とワクワクした気持ちになった。

 

帰宅途中にとつぜん、ワクワク気分がしぼんでしまったのを感じた。

なぜだかわからない。

思い当たる節は、ちいさなものがいくつか。

決定的ななにかがあったわけではなくて、たぶんちいさな何かの積み重ねとか、遅効性の毒をくらってしまったのかもしれない。

 

しいたけ占いのしいたけさんは、牡牛座の人が不機嫌になるときは牡牛座の人にとっての美しいものとの五感のふれあいが足りてないとき、みたいなことを本で書いてらした。

好きなものを見ようとPinterestやSumallyを開いてみたけど効果を感じない。

今日に限って自分にぴったりな記事にも出会わない。

タイムラインで人のツイートやポストを目にすればするほど、なんだか気持ちが重くなる。

 

こういう時の対処は寝るしか知らない。

眠気はこない。

 

とりあえずiPhoneを置いて、目をつぶって、むすこの手を握って落ち着こうと思う。

たぶん寝てるむすこは自分の動きに邪魔だと感じたらわたしの手から逃げるけど。

 

わたしが世界でいちばん美しいと思っているのはむすこだな、と、たったいま気づいた。

2018年、新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

元日から少し疲れて2〜3時間寝込んでいたら、還暦越えの両親に笑われましたあささんです。あなたたちの娘は体力ないんですよ…。

 

2018年は元旦のうちに息子と初詣を済ませました。
例年、昼過ぎからおやつどきくらいの時間帯に行くのですが、参拝で並ぶ時間が長すぎて息子が道で座り込んでしまったり、わたしもとても疲れてしまうからです。
とはいえ、10時過ぎに家を出て10時半ごろに到着したため、例年の半分程度とはいえ行列に並ぶはめになりました…。
来年は朝起きたらすぐ支度して来ようね、と息子と約束たので、1年後どうしているか今から楽しみです。

 

地元の神社は健康祈願に強いと友人に聞いたので、今年は健康についてしっかりお願いし、お守りも健康守りを購入。
息子も「お母さんと同じのがいい」と言ったのでお揃いです。
病気や怪我なく一年を過ごせますように。

 

おみくじの結果も、わたしが末吉、息子が大吉でした。
年末に読んだ石井ゆかりさんとしいたけさんの占いの本とリンクする事が書かれていたので、重複しているところは特に気をつけつつ、いいことが起こるように過ごしていきたいです。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

仕事納めですが納まりませんでした。

昨日までだった案件が、来年の仕事始めから二日間引き続きやることになりました。

今日でまとめる予定だった作業マニュアル作りも、終わらなかったので年明けに持ち越しです。

 

明日からの三日間は、2018年への準備の時間です。

 

会社での仕事以外の、わたし自身の「しごと」について、振り返って、取捨選択して、整理して、計画を立てる。

 

たとえば、子どものこと。

たとえば、趣味のこと。

たとえば、勉強のこと。

 

総じて、これからの人生のことです。

 

わたしがどう生きたいか。

その生き方のために、今、これからをどう生きるか。

この年末は、いつにも増してそういう「自分の人生と向かい合う」ことを大事にしたい気持ちです。

なんでだろうな、と思っていたら、石井ゆかりさんとしいたけさんの本に(大雑把にまとめると)そういう時期が始まってるよ、と書いてありました。

なるほど。オーケー。自分の感覚を信じて動くの、大事。

 

仕事納めは無理矢理納めた感じですが、「しごと納め」は納得いく形にしたいと思います。

別ブログの記事を一箇所にまとめる作業をしていて感じたこと

  • その時よく読んでたブロガーの書き方に影響されてる

  • テンションが高い

  • 自分へのツッコミが多い

  • 「誰か」の目を気にした書き方をしている

総じて「なるほどこれが黒歴史」って感じ。

ただ、今よりも言葉にしてアウトプットすることは上手だな(少なくとも後で読み返して自分がわかるように書けてるな)と思いました。

「断言してるけどそれただの思いこみだからねw」とか 「いやいやそれホント自分でも言ってるけど違うからねww」ってこともたくさん書いてあるけど

「そうそう、それ、当時の自分は気づいてなかったけど、そのちょっとした気付きのたねみたいなやつ、今芽吹いてる!」 っていうことも書かれてたりして、ブログ続けてみるもんだな〜〜と思いました。

全部まとめ終わったら恥ずかしさで死んでるかもしれないけど、残り40記事くらい頑張って読み直してきます…w

ハクソー・リッジを観た余波で考えたことを残しておく。

と、いうことで、各テーマについて書き残しておきたい。

表現って側面から見て、「映画なのにちゃんと描いてない」っていう批判に思うこと。

沖縄戦を描いた映画なのに、沖縄戦最大の特徴であり悲劇でもある沖縄住民の死に全く触れられていない!

とか、

あんな(ハクソー・リッジを米軍が登っていく)網なんか切っちゃえばいいじゃん日本兵w

とか、

なんかそういう感じの、ツイートをタグ巡ってて見かけました。

それについてのツイートがこれなんですが。

沖縄戦について描いている映画じゃないんですよ。

これに尽きる。

沖縄戦の最中、浦添市の前田高地での戦いに参加した米陸軍所属の衛生兵デズモンド・ドスという人の実話をもとに、メルギブソンが伝えたいことを表現した映画作品」なんですよ。

少なくとも私はそう受け止めたし、ブログを書いてる人やツイートしている人たちの中にも同じように受け止めたと思われる人が何人もいました。 この解釈が正しいとして。 「沖縄戦の映画なのに!」って怒ってる人たちのツイートや新聞記事を見て、バイアスかかった状態で観ちゃうと全然受け取れないのかもしれないな、と思いました。

あと、何事についても必ず一定数いるんだけど、全部自分の政治思想で解釈して自分の意見を主張する人たちのことがあまり好きではありません。 自分の感じたことを解釈して出した結論じゃなくて、自分が持ってる言論に合わせて解釈していくんだもの。 作品をどう受け取るかは受け手の自由なので、そういう人たちがそういう風に受け止めたんだなということそのものは「そっかぁ」で終わるけど。 もしもとても親しい人がそういう見方をしていて「あなたはどう思う?」と聞いてきたら、さっき上げたブログを読んでもらった上で、「自分の言論に合わせて解釈するのはもったいないな、という視点を持っています」と言いたいです。

別の見方を伝えて、賛同するかどうかはともかく「なるほど」と一度受け止めてくる人が好きです。だからなんだw

沖縄が舞台なのに沖縄って書いてないっていう批判に思うこと。

これも上で書いたことに派生するけど、配給元は沖縄の人に配慮した、と回答してますね。 配慮したんじゃないかなと思うんですよ。だって沖縄戦や沖縄のことには触れてないもん。 沖縄の前田高地であった戦いの一部を切り取っただけだもん。 それを「沖縄戦関係あります!」って宣伝したら、虚偽宣伝にならないかしら。 「沖縄が舞台です!」ってわざわざ言うのも、言葉通り沖縄が舞台の1つにはなっているけど、そう言われてイメージする作品と実際のハクソー・リッジっていう映画は全然重なるところがないと思うんだよね。 だから、言えなかったんだと思う。 迂闊にそういう風に公開することによって、沖縄の人が不愉快にならないように配慮してくれたんじゃないかなぁ、と思います。 そして、どんだけ配慮したって一定数必ず不快な気持ちになる人はいるんだよな、と再確認しました。

日本兵強すぎてリアリテイないっていう意見に対して思うこと。

ここら辺は、第二次世界大戦に至るまでの教育と、その当時の日本軍や国全体の雰囲気について知るごとに「そんなことないと思う」って人が増えるんじゃないかなと思っています。 確かに日本兵としてキャスティングされた方々は屈強な人が多かったので、いやいやもっとガリガリだったでしょ、っていうツッコミは可能なんですがw あの健康体の日本兵ですら、目をギラギラさせて米兵側(見てる側)に向かってくる時はものすごい怖かったわけです。 それが、ガリガリで栄養状態の悪そうな日本兵だったらもっと怖くないですか。私はそっちの方が怖いです。 戦時中はみんな食べるものがなくて、収容所でもみんなガリガリ痩せ細っている姿が撮られています。 一部、なんかうまくやりすごした家族が他の人たちに比べて丸々太ってた、って話もあるんですけど(うちのばあちゃんたち家族の話なんだけど、それは別んとこで書いてるので割愛)。

ちゃんと書くには時間がなくって難しいんですが、沖縄で戦った人たちのこと、状況を知るいいサイトがあるのでそれを紹介して終わりたいと思います。

沖縄戦史 公刊戦史を写真と地図で探る「戦闘戦史」

秋田県在住の水ノ江拓治さんという方が作成されたサイトです。 秋田県在住でこれだけの…と圧巻の資料になります。

こちらで戦況を把握したら、どれだけ日本軍と米軍の戦いが「やばい」ものだったかわかるかなと思います。

あとは、沖縄戦について手記を出している方々がたくさんいらっしゃるので、図書館とかで手に取る機会があれば読んでいただきたいなと思います。 私はちょっと記憶にないんですが、外間守善さんの手記の別冊か何かで、デズモンド・ドスについての言及も多くあるそうです。 宇多丸さんが言ってました。 私は息子を迎えに行って、映画秘宝を探して帰ります。

おつかれさまでした。

あ、あと、この記事で100記事めらしいです。わーお。

映画「ハクソー・リッジ」を観る前と後の話

まず、観る前のツイート。

めっちゃ気楽な感じ。 ただ、一応、なんというか、すごく重い気分になるだろうなとは思ってた。 思ってたけど、でもまぁ、戦争映画でしょ、みたいなそんな気持ちだった。

上のツイートは最初のツイートより前に呟いてたものですが、その後に銀魂映画も見たいなぁ〜とか、Apple Pencilのことについてあれこれしてたのでちょっと覚悟が薄れたのかもしれない。

そして観た後の連続ツイートがこちら。

観終わってトイレ向かいながら書いたツイート。この4文字に尽きすぎた。

微妙に手が震えてるような、妙に力が入らない状態でフリック入力するとめちゃくちゃ誤字る。 誤字るし、何度も書き直してるはずなのに誤字に気付けない。

  • 誤字の箇所

「まだしんどいけだ」→「まだしんどいけど」

「患者だけは」→「感情だけは」

戦争トラウマ

戦争トラウマ、という言葉をインターネット上で検索して説明しているのはこちらのページ。 WikipediaにはPTSDに関する記述の中に含まれています。

週刊女性プライム 沖縄戦体験者の深刻過ぎるトラウマ。「心の傷」は世代間でも連鎖

いまなお沖縄戦のトラウマに悩まされる老人たち 蟻塚先生の診察室からの報告

私がツイート中で言及している「戦争トラウマ」は、上の2つのリンク先から概要がわかります。 當山さんと蟻塚先生のまとめられた小冊子を拝読して以降、私の関心事のひとつです。 ここ数年親しくさせていただいている趣味関係のお友だちは、戦後生まれた30代女性ですが、彼女も戦争トラウマと診断されたそうです。 詳しくを尋ねることは気が引けて出来ていないままですが、小学校の頃から慰霊の日が近くなると戦争当時の白黒写真がパネルにされたものを大量に図書館に並べられていたことを思い出すと、強く受け止めてしまった人は戦争、戦場を体験していなくてもトラウマを持つかもしれないと思いました。 また、今回観た映画「ハクソー・リッジ」も受け手によってはトラウマを抱えかねないほどの強い表現を持った作品だと思っています。

さて、ツイートの続き。

少し補足。 私は大学時代に、沖縄に来る修学旅行生の平和学習に付いてガイドをするボランティアをしていました。 小学校の頃から沖縄戦について年に1回必ず触れていたこともあってずっと関心があったので、大学で沖縄戦について勉強しているサークル的な集まりや講義があり、それに参加していたのです。 旧日本軍や米軍の資料から沖縄戦を知り、実際にその現場を訪れてみるフィールドワークに何度も 足を運びました。 現在ある米軍基地や、当時使われていた壕やガマ(石灰岩でできている沖縄の島には風雨で自然にできた空洞があって、ガマと呼ばれています)に入ったりしました。 元ひめゆり学徒の方や元鉄血勤皇隊の方、他の学徒だった方々から体験談をお聞きする機会もありました。 体験談が出版されているものは勉強会で読んだり、資料と照合しながら足跡を辿ろうとした事もあります。 その時わかったつもりになって聞いていたいろんな「できごと」は、大抵はつらくて悲しくて痛くて苦しい話です。 聞いたり読んだり知ったりするたびつらく感じていたけれど、それでもやっぱりどこかわかっていなかったなと、映画「ハクソー・リッジ」を観て痛感しました。 もちろん、体験できない・したくないから、きっとお話くださった皆さんの言葉をその重みそのままに受け取ることはできないだろう、その記憶を語り継ぐべきだと思うけれど、どんどん薄まって行ってしまうんじゃないか、と考えていました。 今もそれは変わりませんが、それでもこの映画の中で描かれた前田高地での戦いのシーンは、怖くて想像しないようにしていた戦場をまざまざと見せつけてきました。

そして以下のツイートに続きます。

本当に、これに尽きる。 そして、実際に体験した方の1ミリにも満たないかもしれないけれど、感情が伴う今、下記の結論に至りました。

沖縄では、戦後に強制接収によって米軍基地が整備されていったり増設されていったりする過程、基地に所属する一部の米兵による犯罪が今も続いていることから、米軍基地が沖縄からなくなることを強く主張する人たちがいます。

基地があるから戦争に加担せざるを得ない(ベトナム戦争枯葉剤をまいた飛行機は沖縄から飛び立ちました。イラクに向けて沖縄から出立した米国兵士もいます)。 基地があるから米兵による犯罪によって泣き寝入りする羽目になる。 日本軍は沖縄住民を虐殺した過去があるから基地があることで攻撃されまた守られずに死んでいく羽目にになるかもしれない。 軍隊の性格上、人間でいることを放棄せざるを得なくなってしまう。そんな悲しい人をこれ以上増やさないためにも、世界から軍隊をなくすべきだ。

私が直接聞いたのは、そういう理屈でした。 私も同じように感じていたし、これまでの72年の間に積み重ねられたたくさんの人たちの悲しみや怒りを、忘れてはいけない、どうにかして今後に活かさなくてはいけない、と思っていました。 たぶん、ほとんどの反戦と反基地を訴えている人たちは、同じような気持ちを持っているんじゃないかと感じています。私が直接関わった人たちは、私が知る限りみんなそうでした。

ただ、ツイートでも触れているとおり、どこか、何かが腑に落ちていなかった。 今振り返ると、戦争だから仕方ない、軍隊という組織だから仕方ない、そういう時代だったから仕方ない、と切り捨てた上で1つしか選択肢がないという状態が嫌で、疑問を持っていて、ただその疑問が形になりきれなかったんだなとわかります。

ハクソー・リッジの中で、デズモンドは軍隊にいながら自分の信念を貫き通しました。 それは誰にでもできるようなことではなく、フィクションであれば誰もが「そんな風に貫き通すなんて実際の戦場では無理なんだよ」と思ってしまうような奇跡です。 でも、デズモンド・ドスという人は実在していて、映画の中で描かれた75人の負傷兵を助け出したこと以上に、映画で描いた時にフィクション以上にフィクションのようなことも成しました。 詳細はYoutubeに上がっているデズモンド・ドス_良心的兵役拒否者をご覧になるとわかるかと思います。 映画の最後で挿入されるドキュメンタリー映像は、この映画からの引用なのかな、と思います。パンフレット買ってないからわからないけど…。

そして私は私のことを考えます。

いやホントに疲れた。 すごく精神力を持っていかれる作品でした。 昨日見てから今までにいろんなことを考えた。 沖縄戦に関心を持ってから今まで、言葉にならなかったことも言葉にできた。 もう一度観るのはしばらく、もしかするとこれから先もないかもしれないけれど、でも観ることができてよかったと思える作品です。

戦場の描写がメルギブソンらしい生々しいものになっているので、そういうのがどうしてもダメな人や、戦争トラウマについて読んだ時に何かしら思い当たることがあった方には、観ることをお勧めしません。 ただ、自分で観るべきだと思ったなら、観た方がいいと思います。

5500文字も書いてしまった! 最後まで読んでくださった方がいらしたら、おつかれさまです、ありがとうございました。

毎日ブログ書くのをお休みしようと思います

読み応えのないものを毎日無理矢理ひねり出すのは私には合ってない、という結論が出たので、3ヶ月も経ってませんが、今年の目標である「土日祝以外毎日ブログ更新」を今日で終わりにしようと思います。

 

来週半ばにちょっと1つ大きな予定がありまして、それ次第でまた状況が変わる可能性もあり、心理的余裕を持つためでもあります。

全部ブログにぶちまけてしまえ!ってできればいいんですけど、そのメリットが「ただ私がスッキリする」以外見当たらず、もしかしたら私や息子にとってリスクになり得るかもしれない、という懸念の方がおおきいんですよね。

精神的に追い詰められて、吐き出したい、でもここに書いちゃいけない、みたいなストレスを持たないために。そして迂闊なこと書いて後々自分の首を絞めることにならないために。

落ち着いたら携帯からでなくちゃんと書いた文章でまとめて更新したいと思います。

 

それでは!